財政破綻・国家破綻警告

財政破綻、国家破綻

わが国の国と地方の債務残高はついに1,000兆円(GDPの200%)を超え未知の領域に達しました。また、ヨーロッパに端を発した世界債務危機が日本に及ぶ可能性も高まり、日本の財政破綻、国家破綻が一段と現実味を帯びてきています。

そこで再度現状を把握し、起こりうるリスクを想定して今後の資産運用、資産防衛に備える目的でこのコーナーを新設しました。
リスクが表面化する前に、可能な限りの自己防衛手段を講じる必要性があるのではないでしょうか?

日本の財政の現状

歳入に占める借金の割合(フロー)

H24年度一般会計歳入の90.3兆円のうち、税収等は46兆円のみで、借金である公債金収入が44兆円という実態。(そして公債残高は709兆円となる)
つまり半分弱は借金に頼っている状態。これを家計に例えたのが下記の図。

我が国財政を家計にたとえたら我が国財政を家計にたとえたら:日本の財政関係資料 財務省ー平成24年度予算案補足資料ー

つまり、月収40万円の家計が毎月38万円の借金をしてやりくりしていることになる。(しかもすでに70000万円超の借金がある状態で。)普通の家庭であれば破綻に向かってまっしぐらと言ったところ。

債務残高の推移(ストック)

公債残高の累増公債残高の累増:日本の財政関係資料 財務省ー平成24年度予算案補足資料ー


我が国の公債残高は、年々増加の一途をたどっています。平成24年度末の公債残高は709兆円に上
ると見込まれていますが、これは税収約17年分に相当し、将来世代に大きな負担を残すことになります。

債務残高(対GDP比)の国際比較

日本だけ突出し上昇し、GDPの210%を突破した。財政破綻したギリシャでも120%程度であったことから、かなり大きな数値と言える。

債務残高の国際比較債務残高の国際比較:日本の財政関係資料 財務省ー平成24年度予算案補足資料ー


債務残高の対GDP比を見ると、90年代後半に財政の健全化を着実に進めた主要先進国と比較して、
我が国は急速に悪化しており、最悪の水準となっています。

借金時計

財務省の「国債及び借入金並びに政府保証債務現在高」をもとに作成されたもの



暮旅を「いいね!」と思う方は、是非クリックをお願いします。↓↓↓