マレーシア長期滞在ビザ(MM2H)

iStock_000010691996XSmall.jpg

通常海外に長期滞在(原則3ヶ月以上)するためには、永住権、退職者ビザ、長期滞在ビザなどが必要です。ところが実際はこれらの発給国は少なく、あっても条件が厳しく取得が困難です。例えばロングステイの人気国である豪州の退職者ビザ取得には、今では1億円近い資金が必要です。

マレーシアの滞在も6ヶ月までは一度出国すれば可能と言われますが、頻繁に繰り返すと問題になるので、それ以上の滞在をする場合は長期滞在ビザ「マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(MM2H)」が必要です。

MM2Hは、年齢に関係なく10年までの長期滞在が許可され、更新も可能で、取得条件も比較的緩やかなのが特徴です。しかもマレーシアは長期滞在、移住に大変適した国でもあり、今すぐ滞在する予定はなくても将来の長期滞在、移住のためのオプション(権利)として保有する価値が高いと言えます。

mm2hmonorail「必要な時に取得すれば十分」との考えがありますが、一般的にこれら長期滞在ビザの取得条件は年々厳しくなり、また、制度が廃止されることがあります。(豪州の退職者ビザは前述のとおりですし、ニュージーランド、カナダの退職者ビザは、廃止されました。)
また、申請者側の問題として、退職や失業などで定期収入がなくなってから申請しても、原則受理されません。不安定な雇用情勢の中、定期収入があるうちに取得する必要があります。

この種のビザは「取れるときに取る」ことが重要です。MM2Hは、大きな維持費もかからず、滞在の義務もありません。現役の方でも、「将来退職後に海外長期滞在あるいは移住をしたい」、「日本の財政破綻により高負担国家になった時の経済亡命?先を確保したい」という目的をかなえる「宝」となるかもしれません。

マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(MM2H)のメリット

マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(MM2H)のメリット

  • 10年間の滞在許可が得られ、更新も可能。
  • 年齢にかかわらず取得できる。(財政的条件は年齢により異なる)
  • 現地銀行口座の開設ができる。(一般的にMM2Hがないと非居住者はマレーシアの銀行口座開設は困難)
  • ビザ取得要件のリンギット預金で高金利、為替差益が狙える。
  • 日本から車の輸入が無税でできる。(現地購入の場合は4割安)
  • 事業やパート勤務ができる。(職種に制限あり)
  • 配偶者、扶養家族(21歳未満の未婚の子供)、60歳以上の両親を同時に申請することが可能。(ご子弟がインターナショナルスクールや日本人学校に入学できる。)
  • 維持費が安く、滞在義務がなく「権利」として保有できる。

マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(MM2H)の主な取得条件

50才以上の申請者

  1. 金融資産で最低RM350,000(約1050万円)相当の資産と月収入でRM10,000(約30万円)ある事を示す。収入が少ない場合は、より多くの金融資産が必要。
  2. 仮許可後、マレーシア国内銀行にRM150,000(約450万円)の定期預金をする。
  3. 月額の公的年金収入がRM10,000(約30万円)以上あれば預金は原則不要
  4. 定期預金は、1年後に不動産購入、教育、医療目的でRM50,000(約150万円)まで解約可能。(残高RM100,000を維持)

50才未満の申請者

  1. 金融資産で最低RM500,000(約1500万円)相当の資産と月収入でRM10,000(約30万円)ある事を示す。収入が少ない場合は、より多くの金融資産が必要。
  2. 仮許可後、マレーシア国内銀行にRM300,000(約900万円)の定期預金をする。
  3. 定期預金は、1年後に不動産購入、教育、医療目的でRM150,000(約450万円)まで解約可能。(残高RM150,000を維持)

(1リンギット30円で計算してあります。)

  • 財政的条件は、単身、ご夫婦での申請にかかわらず、同一です。
    (財産、所得とも夫婦名義の合算が可能)
  • 「金融資産残高」は、預貯金、有価証券(株式、債券、投資信託等)は対象(海外での保有も含む)ですが、不動産の評価額は対象となりません。(※ただし、最近は現預金のみに厳格化されている。)
  • 金融資産残高の証明は、基準より余裕のある数字を提出したほうがスムーズに審査が通ります。

その他共通の条件

  • マレーシア国内で医療保険に加入すること
  • マレーシア国内で健康診断を受けること
  • MM2Hの解約時には定期預金は全額返金される

暮旅を「いいね!」と思う方は、是非クリックをお願いします。↓↓↓